商品の
管理
店内の商品の波動がよい状態に維持されているかどうか、チェックしておきたい。

調べる商品がいくつもあるでしょうから、物品・製品の測定と分析 で各々5項目くらいをチェックしておく、という形がよいでしょう。 5項目では、特性を見るには足りませんが、大体の波動レベル(高さ)を知るには十分です。

仕入れを検討している品がある。波動を調べておきたい。

「大体の波動の高さがわかればよい」 のであれば、5項目くらい、 「品物の特徴をつかんでおきたい」 のであれば、20項目以上を測定しておくとよいです。
詳細は、物品・製品の測定と分析 をご覧ください。

 
P.R.
サービス
当店の目玉商品の波動値をホームページなどに出したい。

物品の波動も変化することがありますので、測定日も添えて出していただくことが条件です。 また、公表するデータは、正式に測定し報告書として提出したものに限らせていただいております( 物品・製品の測定と分析 )。